TenPaPaの地

ここはTenPaPaの未開拓地!人知れず、それは増殖し存在を顕わにする…

Toga Shrine Okumiya

f:id:TenPaPa:20210717232226p:plain

Toga Shrine Okumiya in the fog

Heading to the shrine from the parking lot near the mountaintop

【Heading to the shrine from the parking lot near the mountaintop】

A fantastic world spreads

【A fantastic world spreads】

Ōtorii appears from the fog

【"Ōtorii" appears from the fog】

Entrance to the mysterious sanctuary

【Entrance to the mysterious sanctuary】

The Goshinboku sugi in the fog

【The Goshinboku sugi in the fog】

Ara habaki Shrine

【Ara habaki Shrine】

Rugged stairs

【Rugged stairs】

What kind of shrine is "Toga Shrine Okumiya" (Toyokawa City)?

Toga Shrine Okumiya is located near the top of Hongūsan, which is called "Senko(千古) no Kamiyama(神山)".

Ancient ritual sites (Iwakura 磐座) are scattered around this area, and it is recalled that the god festival has been held since ancient times. From that form of worship, it is considered that the creation of Toga Shrine began here in Hongūsan .

The natural forest near the summit is lined with large trees for nearly a thousand years, and hundreds of types of vegetation flourish in the sanctuary that has been protected since ancient times, making it a natural monument designated by Aichi Prefecture.

【From the parking lot placket sign

Parking lot placket sign

【Parking lot placket sign

Entrance

【Entrance】

Main shrine(御本殿)

【Main shrine(御本殿)】

[Shrine name(神社名)]

Toga Shrine Okumiya(砥鹿神社奧宮),Mikawa Koku Ichinomiya (三河国一宮)
[Location(鎮座地)]

Aichi, Toyokawa, Kaminagayama(上長山)-cho, Hongushita−4

[deity(祭神)]

Ōnamuchi-no-Mikoto (大己貴命)Also known as Ōkuninushi-no-Mikoto(大国主命)

[annual festival(例祭日)]

February 6th

[Special Shinto ritual(特殊神事)]

  • January 6th Hōin(宝印)Festival (Mori mi den Shrineannual festival)

Worshipers is prayed for being healthy without getting sick, and is awarded the secret "Hōin(宝印)stamp" and "Hōin(宝印)sticker".

  • January 15th Kayuurasai(粥占祭)

Agricultural Shinto ritual fortune-telling the abundance of agricultural products and the weather.Since ancient times, it has been called "Otamesh" and "Okudagai", and attendees are awarded Kayu ura.

  • October 14th (Arahaneki Shrine annual festival)

[shrine's history(由緒)]

It is clear from the "Sha-den (社伝)" that the creation of "Hongūsan Toga Shrine Okumiya" was enshrined before "Emperor Monmu (文武天皇)Taihō (大宝 )Year" (before about 1,300 years).

Hongūsan's beautiful mountain view and the forest that covers the entire mountain, which is located at 789.2m above sea level, has long been regarded as a sacred area of Tokai Musou.

It is the Okumiya of Toga Shrine, which is widely respected as the god of breeding and the guardian deity of the country, and was listed as the only "Kokuhei Shosha" in Mikawa Province by the "Kansei (government system)" in 1884.

The god's virtues are shining brightly, blessing disaster relief, traffic safety, etc.

【From shrine's historywriting】

shrine's historywriting

【shrine's historywriting】

There are other gods like this in this shrine

Mori mi den Shrine(守見殿神社)

[deity(祭神)]

Ōnamuchi-no-Mikoto (大己貴命)Nigi mitama(和魂)

[Gosintoku(御神徳)]

The heart becomes rich and clean. Control and protect various plagues and disasters.

[annual festival(宝印祭)]

January 6th / Monthly 6th(Monthly festival月次祭

Mori mi den Shrine(守見殿神社)

【Mori mi den Shrine(守見殿神社)】

Ara habaki Shrine(荒羽々気神社)

[deity(祭神)]

Ōnamuchi-no-Mikoto (大己貴命)Ara mitama(荒魂)

[Gosintoku(御神徳)]

Protects correct courage and physical health (healthy legs)

[annual festival(例祭日)]

October 14th/ Monthly 14th(Monthly festival月次祭

Ara habaki Shrine(荒羽々気神社)

【Ara habaki Shrine(荒羽々気神社)】

Yabashira Shrine(八柱神社)

[deity(祭神)]

Ameno oshihomimi-no-Mikoto(天忍穂耳命)

Ameno hohi-no-Mikoto(天穂日命)
Amatsuhikone-no-Mikoto(天津彦根命)
Ikutsu hikone-no-Mikoto(活津彦根命)
Kumanukusubi-no-Mikoto(熊野櫲樟日命)
Tagokoro hime-no-Mikoto(田心姫命)
Ichikishima hime-no-Mikoto(市杵島姫命)
Tagitsu hime-no-Mikoto(湍津姫命)

[Gosintoku(御神徳)]

Family harmoniousAnd protect the path of dear friendship of Tomo and be guided.

[annual festival(例祭日)]

October 28th/ Monthly 28th(Monthly festival月次祭

*There is also an article about the deity of the eight pillar shrines.If you don't mind, please take a look here.>> 【What kind of god is the god of the eight pillar shrine in the first place? Japanese version

Yabashira Shrine(八柱神社)

【Yabashira Shrine(八柱神社)】

Natural monument (designated by Aichi Prefecture, June 7, 1972) -Shaso(社叢) and Goshinboku(御神木)

Shaso(社叢)

This Shaso is a natural forest that has been protected as a sanctuary since ancient times, and is lined with giant sugi trees.

Shaso (社叢) giant tree of Sugi

【Shaso (社叢) giant tree of Sugi

Goshinboku(御神木)

The Goshinboku sugi, known as "Hongūsan-Tengu-no-yadorigi", has a root circumference of 11 meters, a tree circumference of 6 to 5 meters, and a tree height of about 30 meters, and is about 1,000 years old.

The Goshinboku sugi, known as Hongūsan-Tengu-no-yadorigi,

【The Goshinboku sugi, known as "Hongūsan-Tengu-no-yadorigi", 】

Toga Shrine Okumiya's Shaso (社叢)

【Toga Shrine Okumiya's Shaso (社叢)】

【Quoted from the signboard】

Is there a parking lot?

Enter the parking lot from "Hongusan Skyline".

For those who can walk from the mountain trail (Omotesando) from the trailhead at the foot of the mountain, the "Hongūsan Walking Center" is recommended.

There are also several parking lots near the trailhead. It seems that there are places where you can park conditionally. Preliminary research is required.

Is there a restroom nearby?

Drinking water vending machines, public toilets, and rest areas are installed near the summit of Toga Shrine Okumiya.However, the toilet is available or poorly remembered.

I've used it, but I don't know if it's always available.

We hope that word-of-mouth information will reach you.

What kind of god is " Ō(a)namuchi-no-Mikoto(大己貴命)" in the first place?

"Ō(a)namuchi-no-Mikoto(大己貴命)" is another name for "Ōkuninushi".

Ōkuninushi is a representative god of Kunitsukami that appears in Japanese mythology, and is considered to be the presiding god of Kunitsukami.

A god with many aliases, it is enshrined nationwide and is also the deity of Izumo Taisha and Ōmiwa Shrine.

In the Kojiki, Ōnamuji / Ōkuninushi is the son of the god Ame-no-Fuyukinu (天之冬衣神) and his wife, Sashikuniwakahime (刺国若比売). The thus portrays him as a sixth-generation descendant of the god Susanoo.

After marrying Suseri-hime no Mikoto, the daughter of Susanoo-no-Mikoto, he managed the world in cooperation with Sukuna bi kona, teaching the way of Majinai (禁厭) and medicine,etc.

By enshrining Omononushikami (Omononushikami), we completed the nation-building of "Ashihara no Nakatsu".

However, it is said that the messenger of Amaterasu Omikami from Takamagahara requested the transfer of the country, and after negotiations with dialogue and armed forces, he became the lord of the unseen world (幽世 kakuriyo).

At the time of the transfer of the country, Tianjin God promised to restore the large palace (Izumo Taisha), which was built by Susanoo-no-Mikoto. , The name at this time is also called "Kizuki Okami(杵築大神)".

Has the faces of God of national land development, god of Majinai (禁厭), god of medicine, god of marriage, etc., and is good at Traffic safety, Family luck prospers, elimination of troubles, etc.

It is also admired as "Daikokusama" and is revered as a god of good fortune.

Ōkuninushi - WikipediaQuote(引用)】<<Click here for details

What kind of god is Okuninushi in the first place?Japanese version(引用)Quote】<<Click here if you are interested

Ōkuninushi with many aliases

  • Ōkuninushi-no-kami(大国主神)〜Name after returning from "Ne-no-kuni" (Meaning of "master of a great country")
  • Ōanamuchi / Ōanamuji / Ōnamuji-no-Kami(大穴牟遅神)・Ōnamuchi-no-(大己貴命・大汝命)・於褒婀娜武智・Ōanamochi-no-(大穴持命)・Ōnamochi-no-(大名持神)・Kunitsukuri Ōnamuchi-no-(国作大己貴命)〜Name after birth(Meaning of "great, (Kō ketsu鉱穴)(kijin貴人))
  • Yachihoko-no-(八千矛神)〜Name in the song story with Nunakawa Hime(沼河比売)(Meaning of "many halberds")
  • Ashihara-no-Shikoo(葦原色許男・葦原醜男・葦原志許乎/葦原志挙乎命)〜Name with contempt in "Ne-no-kuni"(The meaning of "an ugly man in a real country on earth")
  • Ōmononushi-no-(三諸神・大物主神)・八戸挂須御諸命/大物主葦原志許〜In "Kojiki", another god、In Nihon Shoki, another name after the transfer of the country(Meaning of "Lord of the Great Spirit")
  • Utsushikunitama-no-(宇都志国玉神)・顕国玉神〜Name after returning from Ne-no-kuni(Meaning of "the (shinrei神霊) spirit of the real country")
  • Ōkunitama-no-(大国魂神) 〜Be equated at various shrinesMeaning of "shinrei (神霊)of a great country")
  • Iwa Ōkami(伊和大神)・国堅大神・占国之神・大神 〜"Iwa Shrine" main god-Name in "Harima no Kuni (播磨国) Fudoki (風土記)"
  • Ame-no-Shita-Tsukurashishi-Ōkami (所造天下大神)〜Honorific title in "Izumonokuni (出雲国) Fudoki (風土記)"(The meaning of "the god who created the land of the earth")
  • 地津主大己貴神Kuni tsukuri ō na muchi no kami(国作大己貴神)〜Norito(祝詞)Name in "Da iko kujin Kinoe ne noshi yu kuji(大国神甲子祝詞)"
  • Kakuriyo-no-Ōkami(幽世大神)〜Norito(祝詞)Name in "Yū meishin go(幽冥神語)"
  • Kakuri goto shiroshimesu ookami(幽冥主宰大神) 〜The meaning of "God who presides over Yū meikai(幽冥界)"
  • Kidzuki no ookami(杵築大神)

Ōkuninushi - WikipediaQuote引用】

Okuninushi's wives and their children

Okuninushi has many wives.There are also many children.The number of children is written as 180 Hashira (柱) in "Kojiki" and 181 Hashira (柱) in "Nihon Shoki".

wife:Suseri-hime(須勢理毘売命)

wife:Takiribime(多紀理毘売命)
Child:Ajisukitakahikonenokami(阿遅鉏高日子根神)
Daughter:Shitateruhime(下照比売)


wife:Kamuyatatehime no mikoto(神屋楯比売命)
Child:Kotoshironushinokami(事代主神)
Daughter:Takateru hime no ookami no mikoto(高照光姫大神命)

wife:Yagamihime(八上比売)
Child:Ki mata no kami(木俣神)

wife:Nunakawahime(沼河比売)
Child:Takeminakatanokami(建御名方神)

wife:To tori no kami(鳥取神)
Child:Tori Narumi no kami(鳥鳴海神)

Ōkuninushi - WikipediaQuote引用】

About Mythology

Speaking of Japanese mythology, "Kojiki" and "Nihonshoki" are famous, but here we will describe "Kojiki".As for Okuninushi, the four episodes in "Kojiki" are famous.

  • The White Hare of Inaba
  • Attempts on Ōnamuji's life(Persecution of the eighty gods・Visit to Ne-no-kuni・Questioning the wife of Okuninushi)
  • Okuninushi's nation-building
  • Ashiharanakakuni(葦原中国)repression

I have omitted these episodes. It's a very interesting episode, so I'm sorry I couldn't tell you, but it's a typical story of "Kojiki", so it's not difficult to find out. I recommend Wikipedia.

Click here if you are interested>>【Ōkuninushi - Wikipedia

Shrine information (transportation access)

[by car]

From the Tomei Expressway Toyokawa IC, take National Highway 151 toward Shinshiro, then take National Highway 301 toward Tsukude and connect to "Hongusan Skyline (free of charge from February 1, 2006)". You can go to the parking lot of Toga Shrine. About 8 minutes on foot from there

[On foot (mountain trail from the foot of the mountain)]

At the foot of the mountain on the south side (Toyokawa City), there is a "Honguyama Walking Center", from which you can climb Omotesando.

  • About 10 minutes by car from the Tomei Expressway Toyokawa IC to "Honmiyayama Walking Center". There are several parking lots besides the walking center.
  • About 20 minutes from Toyohashi Station on the JR Iida Line to Nagayama Station. About 20 minutes on foot from Nagayama Station to "Honguyama Walking Center".
  • From Toyokawa Station on the JR Iida Line, take the Toyokawa City Community Bus bound for "Honmiya no Yu" for 19 minutes and get off at the "Walking Center" bus stop (you can also get on at Toyohashi Station).

本宮山 (岡崎市・豊川市・新城市) - WikipediaQuote引用】

At the end

Hongūsan has long been worshiped as a mountain where gods live and is treated as a sanctuary.

It is one of the few places in the prefecture where anyone can feel that this place is a sanctuary.

The weather in Hongūsan is natural for climbers, but it changes every time you visit.It's almost as if you're being asked whether or not to step into the sanctuary.

At Toga Shrine Okumiya on that day, the fantastic sight of the fog made me feel even more mysterious, and I felt once again that Hongūsan was worshiped as a mountain where God lives.

I recommend you to visit!

I like this video very much. Easy to understand and interesting!Only the Japanese version is available, but I think you can enjoy the video .Please watch it.

[Mahoroba Channel(まほろばチャンネル)] youtube Kojiki 5 ~ Okuninushi ~ Inaba's White Rabbit, Red Boar, Okuninushi's Trials

Ōkuninushi is called by many names and It will appear with a different name each time it overcomes trials.

Here, it appears under the name of Ōnamuchi (大己貴大穴牟遅).There were many brother gods in this Ōnamuchi,

They declined to rule their country and handed over their sovereignty to Ōnamuchi.The reason for this was as follows.

In Inaba no Kuni, there was a princess named Yagamihime (八上比売) who is famous as a beautiful woman.The gods of the brothers all went to Inaba to propose.

Ōnamuchi served as a luggage carrier for the gods of brothers.Along the way, I meet a rabbit that suffers from peeling rawhide.

In the story of the rabbit, he tried to trick the crocodile into crossing the sea in order to cross the sea from Okishima to the mainland, but he was noticed on the way and the rawhide was stripped off.

After that, as the brothers' gods said, I tried to wash it in the sea and then dry it in the wind, but the pain worsened.

Ōnamuchi taught the rabbit how to treat it, and the rabbit recovered from the injury.

With gratitude, I predicted that "Yagamihime would choose Ōnamuchi."

The brothers' gods were furious at being rejected by Yagamihime and attempted to conspire to kill him.

Ōnamuchi is killed twice, but revived by the power of the Mother Goddess.

In order to escape from the gods of the brothers, I headed to the "Ne-no-kuni" where Susanō lives.

Ōnamuchi went through various trials given by Susanō, married Susanō's daughter Suseri-hime, and Ōnamuchi has been renamed to "Ōkuninushi" and "Utsushikunitama -no-Kami".

Ōkuninushi uses Susanoo's weapons to defeat his brother's gods,and became the ruler of “Ashihara no Nakatsu”.

youtu.be

まほろばチャンネル】youtube古事記 5 〜大国主命因幡の白ウサギ、赤い猪、大国主の試練

禁止未经授权的复制。 Unauthorized copying prohibited.

未经许可,请勿转载或使用本站的内容、文字、图片等。

未经授权的复制或展示是违法的。

如果已经转载,请立即删除。谢谢您的合作

Please refrain from reprinting or using the contents, texts, images, etc. of this site without permission.

Unauthorized reproduction or presentation is against the law.

If it has already been reprinted, delete it immediately. Thanks for your cooperation.

当サイトの内容、文章、画像等を無断で転載・使用することはご遠慮ください。許可されていない複製または提示は法律に違反します。既に転載している場合は直ちに削除してください。ご協力ありがとうございます。

本宮山 三河国一宮 砥鹿神社奥宮

f:id:TenPaPa:20210622224530p:plain

千古の神山~本宮山~その頂上付近に鎮座する砥鹿神社奥宮!

昔より保護された神域の自然林は一千年に近い大木が林立

東海無双の霊域として神聖視された三河国唯一の国幣小社その一社紹介

大鳥居

【大鳥居】

奥宮境内図

【奥宮境内図】

砥鹿神社奧宮 (豊川市)ってどんな神社?

砥鹿神社奥宮は、千古の神山として仰がれる本宮山の頂上付近に鎮座しています。

この地には古代祭祀遺跡(磐座)が点在し古くから神まつりがおこなわれてきたことが想起されます。その信仰形態から砥鹿神社の創 祀はここ本宮山よりはじまったと考察されます。

頂上付近の自然林は一千年に近い大木が林立し、昔より保護された神域には数百種類の草木が繁茂し、愛知県指定天然記念物にされています。【駐車場前立て看板より】

駐車場前立て看板

【駐車場前立て看板】

入口

【入口】

御本殿

【御本殿】

[神社名]三河国一宮 砥鹿神社奧宮
[鎮座地]愛知県豊川市上長山町本宮下4
[御祭神]大己貴命(オオナムチノミコト)別称 大国主命
[例祭日]二月六日

[特殊神事]

  • 一月六日 宝印祭(守見殿神社例祭)無病息災が祈願され、参拝者に秘伝の宝印と宝印符が授与される。
  •  一月十五日 粥占祭(かゆうらさい)農作物の豊区や天候を占う農耕神事で、古くより「オタメシ」「オクダガイ」と言われ、参列者には粥占符が授与される。
  • 十月十四日 荒羽々気神社例祭

[由緒]本宮山砥鹿神社奥宮の創 祀は、文武天皇大宝年間以前より鎮座せられた事は、 社伝に明らかである(約千三百年以前)、海抜七八九、二米に位する、本宮山の秀麗な 山姿と全山を 覆う樹林は、昔より東海無双の霊域として神聖視され、殖産の神、護国救人の守護神として広く尊敬され、明治四年の官制により三河国唯一の国幣小社に列格された、砥鹿神社の奥宮である。大神の御神徳は 弥々輝き、除災招福、交通安全、 等にも広く御神威を垂れ給っている。【由緒書きより】

由緒書き

【由緒書き】

この砥鹿神社には他にもこんな神社が

守見殿神社(もりみでん-)

[御祭神]大己貴命和魂

[御神徳]心豊かに思慮正しく諸疫病と災厄を防除し守護される

[宝印祭]一月六日・毎月六日(月次祭

守見殿神社

【守見殿神社】

荒羽々気神社(あらはばき-)

[御祭神]大己貴命荒魂

[御神徳]正しい勇気と身体健全(健脚)を守護される

[例祭]十月十四日・毎月十四日(月次祭

荒羽々気神社

【荒羽々気神社】

八柱神社(やはしら-)

[御祭神]

天忍穂耳命アメノオシホミミ

天穂日命アメノホヒ
天津彦根命アマツヒコネ
活津彦根イクツヒコネ
熊野櫲樟日命(クマヌクスビ)
田心姫命(タゴコロヒメ)
市杵島姫命イチキシマヒメ
湍津姫命タギツヒメ

[御神徳]家庭の和楽と朋友の親愛の道を守護し善導される

[例祭]十月二十八日・毎月二十八日(月次祭

八柱神社の御祭神についての記事もあります。よろしければ、こちらを覗いて見てください。>>【そもそも八柱神社の神様ってどんな神様なの?読み方は?

八柱神社

八柱神社

天然記念物(愛知県指定、昭和47年6月7日)〜社叢と御神木

社叢

この社叢は、むかしから砥鹿神社の奥宮神域として保護されてきた暖帯自然林で、スギの巨樹が林立しています。

社叢 スギの巨樹

【社叢 スギの巨樹】

御神木

「本宮山天狗の寄木」といわれる御神木のスギは、根周十一メートル、樹周六、五メートル樹高三十メートルほどで、樹齢は約一千年といわれています。

「本宮山天狗の寄木」といわれる御神木のスギ

【「本宮山天狗の寄木」といわれる御神木のスギ】

砥鹿神社奥宮(本宮山)の社叢

【砥鹿神社奥宮(本宮山)の社叢】

【立て札より引用】

駐車場あるの?

  • 本宮山スカイライン』から駐車場に入れます。
  • 山麓登山口より登山道(表参道)から徒歩で行かれる方は、本宮山ウォーキングセンター』が整備されていておススメですが、登山口付近の駐車場もいくつかあります条件付きで駐車できるようなところもあるようです。事前に下調べが必要です。

お手洗いは?

砥鹿神社奥宮山頂付近には、飲料水の自動販売機や公衆トイレ、休憩所が設置されています。がトイレが利用可能状態か記憶に乏しいです。利用したことはありましたが、常時利用可能状態かはわかりません。口コミ情報が皆様のところに届くよう願っています。

そもそも大己貴命とってどんな神様なの?

大己貴命大国主神 オオクニヌシノカミ)は、日本神話に登場する国津神の代表的な神様で、国津神の主宰神とされています。多くの別名を持つ神様で、全国的に祀られており、 出雲大社大神神社の御祭神もされています。

古事記』・『日本書紀』の異伝や『新撰姓氏録』によると、須佐之男六世の孫(『日本書紀』の別の一書では七世の孫)で、父は天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)、母は刺国若比売(サシクニワカヒメ)(『日本書紀』正伝では素戔鳴尊の息子)とされています。

須佐之男命の娘である須勢理毘売命スセリビメノミコト)との婚姻の後にスクナビコナと協力して天下を経営し、禁厭(まじない)、医薬などの道を教え大物主神(オオモノヌシカミ)を祀ることによって葦原中国国作りを完成させました。

しかし高天原からの天照大御神の使者に国譲りを要請され、対話と武力を交えた交渉の末に幽冥界の主、幽事の主宰者になったとされています

国譲りの際に、須佐之男命から賜って建立した「富足る天の御巣の如き」大きな宮殿(出雲大社)を修復してほしいと条件を出したことに天津神が約束したことにより、このときの名を杵築大神(キヅキオオカミ)ともいいます。

国土開拓の神、禁厭(まじない)の神、医薬の神、縁結びの神などの顔も持ち、交通安全・家運隆昌・厄難消除等を得意とされています。また大国様(ダイコクサマ)と慕われ、福徳の神として尊崇されています。

大国主 - Wikipedia引用】

多くの別名を持つ大国主

  • 大国主神〜 根国から帰ってからの名(「偉大な国の主人」の意)
  • 大穴牟遅神(オオアナムジ-)・大己貴命(オオナムチ-)・於褒婀娜武智大穴持命大汝命大名持神国作大己貴命〜誕生後の名(「偉大な鉱穴の貴人」の意)
  • 八千矛神(ヤチホコ-)〜沼河比売との歌物語での名(「多くの矛」の意)
  • 葦原色許男・葦原醜男・葦原志許乎/葦原志挙乎命(アシハラノシコヲ)〜根国での侮蔑を込めた呼称(「地上の現実の国にいる醜い男」の意)
  • 三諸神大物主神(オオモノヌシ-)・八戸挂須御諸命/大物主葦原志許古事記においては別の神、日本書紀においては国譲り後の別名(「偉大な精霊の主」の意)
  • 宇都志国玉神(ウツシクニタマ-)・顕国玉神〜 根国から帰ってからの名(「現実の国の神霊」の意)
  • 大国魂神 〜各地の神社で同一視される(「偉大な国の神霊」の意)
  • 伊和大神国堅大神占国之神・大神 〜伊和神社主神-『播磨国風土記』での呼称
  • 所造天下大神〜『出雲国風土記』における尊称(「地上の国造った神」の意)
  • 地津主大己貴神国作大己貴神(くにつくりおおなむちのかみ)〜祝詞『大国神甲子祝詞』での呼称
  • 幽世大神(カクリヨノオオカミ)〜祝詞『幽冥神語』での呼称
  • 幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)〜「幽冥界を主宰する神」の意
  • 杵築大神(きづき の おおかみ)

大国主 - Wikipedia引用】

色々な女神との間に子供をもうける大国主

大国主は色々な女神との間に多くの子供をもうけており、子供の数は『古事記』には180柱、『日本書紀』には181柱と書かれている。

嫡后:須勢理毘売命

妻:多紀理毘売命
子:阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネノカミ)
娘:下照比売シタテルヒメ


妻:神屋楯比売命カムヤタテヒメノミコト)
子:事代主神コトシロヌシノカミ)
娘:高照光姫大神

妻:八上比売ヤガミヒメ
子:木俣神

妻:沼河比売ヌナカワヒメ
子:建御名方神タケミナカタノカミ)

妻:鳥取
子:鳥鳴海神

大国主 - Wikipedia引用】

この際、参拝しておきたい!大己貴命を祀る神社

里宮 砥鹿神社

砥鹿神社は本宮山の奥宮と、里にて祀る里宮(豊川市一宮町西垣内2)とで二所一体の崇敬を集める神社

岩戸神社

神社情報(交通アクセス)

[車で]

東名高速道路豊川ICから国道151号を新城方面へ向かい、国道301号に入り作手方面へ向かうと『本宮山スカイライン(2006年2月1日より無料化)』に接続…その道で山頂付近砥鹿神社駐車場まで行けます。そこから徒歩8分ほど

[徒歩で山麓より登山道

南側(豊川市)の山麓には『本宮山ウォーキングセンター』が整備されていて、ここから表参道を登ります

本宮山 (岡崎市・豊川市・新城市) - Wikipedia引用】

まとめ

祝詞の中に『恩頼(みたまのふゆ)』という言葉があります。「神のご加護といった神の力や霊威にふれることによって、その力の恩恵を受ける」 という意味となりますが、言霊的にいうと「御霊(みたま)の殖(ふ)ゆ」 に繋がるようです。

つまり、神様から供給があります時には、私たちの御霊は、殖えるということなのだそうです。

神代の昔、大国主神は、異母兄弟の八十神にいじめを受けた後、命までも狙われます。それは私たちが想像できないほどの苦難でしたが、この後ついに『幸魂・奇魂』の増殖があり、葦原中国の国作りを完成させ、「天の下造らしし大神」と讃えられるほどの功績をあげます。釈迦や世界の偉人、宗教の開祖たちが苦難を乗り越えた際、驚くべきパワーを発揮するのは、ミタマの増殖によるランクアップのためと推測されます。そしてそれは、困難や修行を自分が受け入れ、自分の糧にしようと思った時にはじめて、増殖するそうです。この辺りがポイントで、問題を先送りしたり、逃げたらダメなのでしょうね。むしろミタマが殖えるチャンスを逃しているともいえます。大国主神の神話から、神自身が手本をみせてくれているのだと、わたしは思います。日常生活の中で苦労することが、そのまま修行になるということです。苦難・苦労が蔓延る現世で、努めてミタマを増殖させるということは、時短でランクアップ出来ることなのでしょう。まさに「物事に吉区なし」「禍い転じて福となす」ですね。【「大中臣神道の秘儀と神言」山田雅晴 1997年9月25日(株)たま出版 参考】

大国主神は大変人気がある神様です。日本神話に登場する国津神の代表的な神様なので、やはり日本神話から知って頂きたいですね。この後ご紹介する『まほろばチャンネル(youtube)』さんは、わかりやすくお薦めです。この後にお薦め動画を紹介しますね。

砥鹿神社奥宮に参拝した後はいつもそうなのですが、自身の浄化を実感出来るだけでなく気力が湧いて前向きになっている自分に気づくこともでき、心が満たされます。その後は道の駅に立ち寄り、五平餅やフランクフルトを食べます。砥鹿神社参拝は良いですよ!皆さんも是非足を運んでみてください。

お薦めのお気に入り動画(youtube

この動画がとても気に入ってます。わかりやすくて面白い!聞き流しとしても、いいですよ。是非、ご視聴ください。

まほろばチャンネル】youtube古事記 5 〜大国主命因幡の白ウサギ、赤い猪、大国主の試練

<このお話は、大国主命を語るのに欠かせません!必見ですね…是非!>

youtu.be

まほろばチャンネル】youtube古事記 6 〜国造り〜

スクナビコナ登場!不思議な神様です…>

youtu.be

まほろばチャンネル】youtube古事記 7 〜国譲り〜

<建御雷神のまた強いこと…>

youtu.be

いぼ塚が二つ⁉︎

f:id:TenPaPa:20210606181112p:plain

ここにも伝説が!伊保町のいぼ塚

昔話「いぼ塚…『新とよたのむかしばなし ふるさとの51話その1』にはありませんが、この地域にはいぼ塚が二つあります

いぼ塚に参拝するなら、この二つのいぼ塚に足を運んでみては、いかがでしょう。

ここでは、いぼ娘下半身のいぼを治したとされる下のいぼ塚!をご紹介します。

伊保町のいぼ塚

【伊保町のいぼ塚】

駐車場あるの?

いぼ塚付近に、車をとめられそうなスペースがありました。駐車(参拝目的)させて頂けるか分かりませんでしたが、今回参拝時に限り駐車させて頂きました。

車をとめられそうなスペース

【車をとめられそうなスペース】

交通アクセス

愛知環状鉄道線・貝津駅下車徒歩15

愛知環状鉄道線・貝津駅

愛知環状鉄道線・貝津駅】

まとめ

いぼ塚は、昔から上のいぼ塚下のいぼ塚とで、二つありました。

いぼ娘の上半身のいぼを紙に封じて上のいぼ塚にお納め、下半身のいぼを紙に封じてお納めたのが、下のいぼ塚…ということだそうです。そういうことから下のいぼ塚は、下伊保と呼ばれ、後に下伊保が伊保町に上伊保が保見町変更されたそうです。

興味がある方は『とよた風土記豊田市区長会発行、をご覧になられてもよいかと思います。

伊保町のいぼ塚は、下半身が担当なのでしょうか…

このことを知れば、いぼ神様に効果的にお参りできますね。皆さんも是非足を運んでみてください!

上のいぼ塚(保見町)は、ここから

いぼ塚 豊田市 保見町

f:id:TenPaPa:20210605000253p:plain

知る人ぞ知る⁉︎生ける伝説!保見町のいぼ塚

いぼ塚に参拝して、いぼが完治した!

そんな愛知県内でもすぐ行ける、むかしばなしにある霊場を紹介

伊保小学校東門の前の田んぼ道

【伊保小学校東門の前の田んぼ道】

いぼ塚

【いぼ塚】

石碑の前の水たまり

【石碑の前の水たまり】

むかしばなし

いぼ塚

むかしむかし、ちょうど、秋の終わりのころ。

みぞれまじりの北風がピューピュー吹いている飯田街道を、

とぼとぼと歩いている、ひとりのお坊さんがおりました。

古ぼけた衣を身につけ、

見るからにみすぼらしい身なりをしていましたが、

そのなさけ深そうな顔つきや、きりっと結んだ口もとには、

どことなく気高さがあふれていました。

そのお坊さんは、伊保の村の小高い丘に

小屋を作って住むようになりました。

日中は、村から村をたくはつしてまわりながら、

病気で苦しんでいる人を見れば、

その人のためにお祈りをしました。

すると、不思議なことに、

どんな重い病気の人でもすっかり治ってしまいました。

ある夜のことです。

まっ暗な丘の上のお坊さんの家に、

そっと足音が忍びよってきました。

ともしびの下にすわっていたお坊さんは、

戸口のほうを見て、びっくりしてしまいました。

そこには、いぼがえる(ひきがえる)のような女が

首をうなだれて、しょんぼり立っていました。

顔も手も足もたいへんないぼで、

それはそれはみにくい女でした。

「何用でおいでなさったのじゃ」

と、お坊さんは、やさしくたずねました。

女は恐る恐る顔をあげて、ふるえながら答えました。

「わたしは、この村に住むいぼむすめです。

いいえ、ほんとうはこんな悲しい名前ではございません。

でも、このようにみにくい、いぼがあるために、

村の人たちから『いぼむすめ、いぼむすめ』と言われ、

ばかにされております。うわさによれば、

あなたさまはたいそう立派なお方だということ、

どうか、あなたさまのお力で治していただけたらと、

こうしてこっそり、お願いにあがりました」

女はそれだけ言うと、ふたたび顔をふせました。

お坊さんは、静かにうなずいて、

「それはお気の毒なことじゃ」

と、手を合わせて目を閉じました。

あたりには、お坊さんの祈りの声だけが響いていました。

すると、どうでしょう。

みるみるうちに、いぼむすめの顔から、

いぼが消えていくではありませんか。

女は、自分の顔に両手をあてて、飛びあがるほどに喜びました。

そんなことがあってからというもの、

村の人たちはいっそう、お坊さまを、

敬うようになりました。

月日はたち、お坊さんが村を去る日がやって来ました。

村人たちは何度も止めましたが、

お坊さんの気持ちは変わりませんでした。

村人たちは、村はずれまで見送りに行きました。

その中には、いつかのむすめの姿もありました。

お坊さんは

「わしが去っても、わしの心はいつまでも

この塚の中に宿っているのじゃ。

そして、みなさんをお助けもうすのじゃ」

と、声をはりあげて言いました。

そして、どこともなく立ち去っていきました。

その後、だれ言うともなく、

この塚を「いぼ塚」と呼ぶようになったそうです。

【『新とよたのむかしばなし ふるさとの51話その1豊田市教育委員会 文化振興課/企画・編集 2009.3 引用】

駐車場あるの?

駐車するところはありませんが、愛知環状鉄道線保見駅前の有料駐車場があります。いぼ塚は、その場所から3分位です。

愛知環状鉄道線・保見駅前の有料駐車場

愛知環状鉄道線保見駅前の有料駐車場】

保見交流館もありますが、参拝時に限り駐車させて頂けるかは、分かりませんでした。駐車する際は、施設の職員に声をかけ尋ねられたほうが、気持ち良く参拝出来ると思います。

保見交流館・豊田市保見出張所

【保見交流館・豊田市保見出張所】

交通アクセス

愛知環状鉄道線保見駅下車徒歩5

愛知環状鉄道線・保見駅

愛知環状鉄道線保見駅

二つのいぼ塚⁉︎

この地域には、いぼ塚が二つあります。むかしばなしにはありませんが民話から知ることができます。記事はこちらに【いぼ塚が二つ⁉︎

まとめ

今回、この記事をとりあげることができて嬉しく思っています。

と言いますのも、このいぼ塚にお祈りをしていぼが治った方を私は知っていて、この霊場を多くの皆さまに伝える機会をもちたいと常々思っていたからです。

話によると、当時小学生で…いつの間にか右人差し指の爪の生え際に、いぼができていたそうです。今なら皮膚科の診察を受けるところでしょうが、いぼ塚の伝説が生きるこの地域だからなのでしょう…いぼ神様にお参りしたそうです。

いぼ塚は、今は整備されたため認識されやすくなったのですが、当時はわかりづらく、伊保小学校東門の前の田んぼ道を少し進んだ辺りにある小さな木立の陰の水たまりの辺りがそう…という情報だけで、立て札などはなく石碑があったかも記憶にないそうです。

むかしばなしでは、このいぼ塚の土をいぼにつけるといぼがとれると話しが広まり、いぼに悩む人がこのいぼ塚の土をもらったとありましたが、そういう知識も持たずただ勧められてのお参りだったので、お賽銭の10円をいぼにこすりつけて、いぼ塚に納めお参りをすましたのだそうです。しかし効果は驚きのものでした。二ヶ月くらいたった頃ポロリといぼが取れ、その後あとも残らず完治したそうです。凄いですよね。もちろん私も医者の診察を勧めるひとりですが、いぼ神様にお参りもしておいた方がもっと効果があるのでは…と思っています。

皆さんも是非足を運んでみてください!以下におすすめの本と動画を紹介しますね。

『いぼ塚』お薦めの本とお気に入り動画

この動画がとても気に入ってます。面白くてわかりやすいですよ!是非、ご試聴ください。

叢書名:『新とよたのむかしばなし ふるさとの51話その1

出版年月(p数):2009.3(4p)
著者:豊田市教育委員会 文化振興課/企画・編集
出版者:豊田市教育委員会
コンテンツタイプ:電子書籍(フィックス)

豊田市中央図書館ふるさとアーカイブ

いぼ塚 (新とよたのむかしばなし ふるさとの51話 その1)

叢書名:『とよたのむかしばなし

出版年月:2002
著者:豊田市教育委員会/企画
出版者:中日映画社
コンテンツタイプ:動画コンテンツ
再生時間09:54

豊田市中央図書館ふるさとアーカイブ

【映像資料】いぼ塚 (とよたのむかしばなし)

散歩 !ぶらぶら〜

豊田市市役所HPに、ウオーキングコースがあったのでご紹介しますね。

保見の郷コース
距離:3.1キロメートル
起終点:教職員会館→馬場池
問合せ:保健部 総務課(電話 0565-34-6723)
「保見 保見の郷コース」パンフレット

ウオーキングを目的とされている方は、豊田市市役所HP《ウオーキング》に駐車場の利用に関するお願い等なども記載されているので、詳しく知りたい方は御覧下さい。

プライバシーポリシー

はじめに

2021-5-30

TenPaPa(https://tenpapa.hateblo.jp/、以下当サイト)は、個人情報に関する法令等を順守し、個人情報を適切に取り扱います。

掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.netAmazonアソシエイトバリューコマースもしもアフィリエイトafbアクセストレード楽天アフィリエイト

を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

コメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるTenPaPaが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

運営者:TenPaPa

八柱神社 愛知

f:id:TenPaPa:20210417161928p:plain

電車が参道をよぎる⁉︎ 愛知県内で数少ない高台にある八柱神社のうちの一社!豊田市八草町八柱神社

高台の神社から、また次の電車が来るまでのんびり…いつの間にか撮り鉄気分に⁉︎
長閑で癒される…そんな愛知県内でもすぐ行ける一社紹介

八柱神社の入り口 鳥居

八柱神社の入り口 鳥居】

鳥居を潜り橋梁を抜けると目の前に急勾配な階段が…

登りきった後、振り向きたくなるような急勾配な階段

【登りきった後、振り向きたくなるような急勾配な階段】

境内が見えてきました…ワクワクしますね

【境内が見えてきました…ワクワクしますね】

先ずは参拝させて頂きます

【先ずは参拝させて頂きます】

手水舎

【手水舎】

龍神さま…この日は、お水が出ていませんでした

龍神さま…この日は、お水が出ていませんでした】

八柱神社八草町)ってどんな神社?

八柱神社

八柱神社

祓所

【祓所】

[神社名] 八柱神社
[鎮座地] 豊田市八草町森下九十九番地

[御祭神] 

社記にありました。

社記

【社記】

例大祭十月十日    

[由緒] 社蔵の棟札に奉請八王子大明神享禄二年八月吉祥日とある。八草の氏神として尊崇する。明治五年十月村社に列格した。大正二年一月五日字秋合の秋葉神社を本社に合祀する。又 字来姓の琴平神社と字二又の御嶽神社を本社境内社として合祀した。大正八年四月三十日神饌所を改造 昭和十一年五月二十日社殿を改築 昭和十一年十月二十日指定社となる。平成十二年十月境内の整備と社殿、舞殿、祓所、手水舎を新築、と社記にありました。

[由来] 室町末期の明応二年(1493年)八草城主に、那須惣左衛門次いで中條弥七郎、阿部孫四郎、小栗左京という武将がおり此の地に八柱神社八王子大明神を祭祀したと言われている。享禄二年(1529年)は徳川家康の祖父清康の時代、城主那須惣左衛門が在城した前後であるから同氏かあるいは、那須氏の跡目を継いだ城主等の支援を得て此の地に御選座したと伝えられている。その時代は、応仁の乱後百年以上も続いた戦国時代の真っ只中でありよく此の時代に祭祀したものと思われる。その後旧拝殿や幣殿は、長い時代と共に幾度となく改修され直近の本殿改修は昭和十二年に行われ昭和四十一年九月二十一日に第十二等級の社位を得て現在に至る、と記念碑に記されてありました。

記念碑 由来

【記念碑 由来】

舞殿

【舞殿】

境内より

【境内より】

境内より 階段

【境内より 階段】

今、電車が通りました!

【今、電車が通りました!】

この神社には他にもこんな神様が…

末社として

の神々が合祀されています。
※御祭神は社記にない為、一般で知られているものを記載させていただきました。

駐車場あるの?

神社の入り口辺りに空き地がありましたが、参拝時に限り駐車させて頂けるかは、分かりませんでした。近辺に住む方々には申し訳ないのですが、近辺に住む方々や区長さんなどの関係者に尋ねられたほうが、気持ち良く参拝出来ると思います。

お手洗いは?

お手洗い

【お手洗い】

タイミングが合わなかったのか、この日はお水が止めてありました。

そもそも八柱神社の神様ってどんな神様なの?読み方は?

この八柱神社八草町)の御祭神は、上記の由来にあるように八王子大明神が御祭神です。明治になり、新政府の神道国教政策による「 廃仏稀釈」の運動が起こり、他の八王子大明神を祀る社寺と同様に神道に統一され八柱神社八王子神社に改められたと思われます。
八柱神社は、スサノオの八柱の御子神を祀る神社で、八王子神社なども同じく八柱の御子神を祀る神社です。
仏教の祇園精舎の守護神である牛頭天王(ゴズテンノウ)には頗梨采女(ハリサイジョ、ハリサイニョ)との間に8人の子(八王子)がいるとされており、これを祀ったのが八王子神社です。
八王子は八方位の暦神に比定され、八将神ともいい、明治の神仏分離の際、これが牛頭天王と習合していたスサノオ天照大御神との誓約(うけい)で化生した五男三女神に変えられました。五男三女神とは以下の神です。

* 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ)全名正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊別名天之忍穂耳命、天忍穂耳命、正哉吾勝勝速日天忍骨尊、正哉吾勝々速天穂別尊、天忍穂根尊、忍骨
* 天之菩卑能命アメノホヒ別名天穂日命、天菩比神
* 天津日子根命アマツヒコネ別名天津彦根命、波多都美命
* 活津日子根命イクツヒコネ別名活津彦根
* 熊野久須毘命クマノクスビ)別名熊野櫲樟日命、熊野忍蹈命、熊野忍隅命、熊野大角命
* 多紀理毘売命タキリビメ別名奥津島比売命、田心姫、田霧姫
* 市寸島比売命イチキシマヒメ別名市杵嶋姫命、狭依毘売命
* 多岐都比売命タキツヒメ別名湍津姫、高津姫神

※神社によっては異なる神を祭神としていることも

八王子神社 - Wikipedia引用】

正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(命)…長いお名前ですね

正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(命)

スサノオが誓約(うけい)を行い、生まれた五皇子の一柱が天忍穗耳尊アメノオシホミミ天忍穂耳命)です。誓約に勝ったスサノオ勝ち名乗りが「正哉吾勝」「勝速日」と名前の一部になったとされており、稲穂の神農業神としての顔を持っています。(誓約が終わったあと男神天照大神の子とされ、三女神はスサノオの子とされました

天忍穗耳尊高皇産霊神の娘である栲幡千千姫命の子が瓊瓊杵尊(ニニギ)です。
天忍穗耳尊は、豊葦原中国の平定の為に天降ろうとするが途中で引き返してしまう。そして大国主神の国譲り後、再び降臨の命が下り息子の瓊瓊杵尊が天降ります。(天孫降臨

天穂日命アメノホヒノミコト)

スサノオが誓約(うけい)を行い、生まれた五皇子の一柱で、日本書紀』では天穂日命古事記』では天之菩卑能命、別名天菩比神と表記されています。
天忍穗耳命の弟神で、豊葦原中国の平定の為に大国主神の元に遣わされたが、大国主神に心服して地上に三年間住まわれるようになり、大国主神の国譲り後、大国主神に仕えるよう命令されました。農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神などの顔を持ち、子の建比良鳥命(タケヒラトリノミコト)は出雲国造及び土師氏(ハジシ)らの祖神となったとされます。また神魂神社島根県松江市)を建てたともされています。

天津彦根命アマツヒコネノミコト)

スサノオが誓約(うけい)を行い、生まれた五皇子の一柱で、日本書紀』では天津彦根命古事記』では天津日子根命、別名波多都美命(ハタツミノミコト)と表記されています。子は、製鉄・鍛治の神である天目一箇神(アメノマヒトツノカミ)と比売許曽命(ヒメコソノミコト)です。

活津彦根命(イクツヒコネノミコト)

スサノオが誓約(うけい)を行い、生まれた五皇子の一柱で、日本書紀』では活津彦根古事記』では活津日子根命と表記されています。

熊野久須毘命クマノクスビノミコト)

スサノオが誓約(うけい)を行い、生まれた五皇子の一柱で、日本書紀』では熊野櫲樟日命(クマノクスヒノミコト)、熊野忍蹈命(クマノオシホミ)、熊野櫲樟日命(クマノクスヒ)、熊野忍蹈命(クマノオシホミ)熊野忍隅命(クマノオシクマ)、熊野大角命(クマノオオクマ)などと表記され、古事記』では熊野久須毘命と表記されています。

三柱の女神タキリビメイチキシマヒメタギツヒメ

三柱の女神タキリビメイチキシマヒメタギツヒメは、総称で宗像三女神と呼ばれ、宗像大社(福岡県宗像市)を総本宮として、日本全国各地に祀られていますが、この女神らは、それぞれ一柱でも全国的に祀られているほど人気がある神様です
興味がある方は、こちらへ  【宗像三女神は、どんな神様たちなの?

神社情報(交通アクセス)

愛知環状鉄道線愛知高速交通東部丘陵線リニモ八草駅下車徒歩20分

八草駅

八草駅

まとめ

八柱神社八草町)は、上記の由来にあるように八王子大明神が御祭神です。明治になり、新政府の神道国教政策による「 廃仏稀釈」の運動が起こり、他の八王子大明神を祀る社寺と同様に神道に統一され八柱神社に改められたと思われます。
この御祭神であられる八柱の御子神は、スサノオ天照大御神との誓約(うけい)で化生した五男三女神で、このときの誓約(うけい)が、個人的に好きです。何と申しましょうか、この二柱の誓約(うけい)でのやり取りがダイナミックで、思い描いただけで感動を呼びました。またその場面でのスサノオ勝ち名乗りは、神でありながら人間味を感じさせるところが気にいっています。

この二柱の誓約(うけい)では天照大御神が、スサノオの持つ十拳剣(トツカノツルギ)を噛み砕き吹き出した息の霧から宗像三女神がお生れになり、次にスサノオ天照大御神八坂瓊之五百箇御統(ヤサカニノイオツミスマル)を噛み砕き吹き出した息の霧から五柱の男神がお生れになります。(ワイルドです…)そしてスサノオは「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」と勝ち名乗りされるのです。【アマテラスとスサノオの誓約 - Wikipedia引用】(相当嬉しかったのでしょうね…「正哉吾勝」「勝速日」と名前の一部にしたくらいですから。)

ここでお生まれになる八柱の御子神の中でも天忍穗耳尊は、後にお生まれになる瓊瓊杵尊に繋がる「天孫降臨」の場面には欠かせない神様です。(大祓詞にもありますね)

今回この神社に参拝させていただき、この記事を書くことが出来て良かったと思っています。八柱神社の御祭神は、全国的に広く祀られていますので、既に八柱神社とご縁のある方も含め、皆様の八柱神社のご縁結びのきっかけになれば幸いです。是非足を運んでみてください!
以下におすすめの動画を紹介しますね。

お薦めのお気に入り動画(youtube

動画がとても気に入ってます。面白くてわかりやすいですよ!是非、ご試聴ください。

まほろばチャンネルyoutube古事記 8〜天孫降臨コノハナノサクヤヒメ

〈ここでは、前半に正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(命)正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命の名で登場され、高皇産霊神は葦原中津国平定・天孫降臨の際には高木神という名で登場します。高皇産霊神の娘である栲幡千千姫命(『日本書紀』表記)も萬幡豊秋津師比売命(『古事記』表記)という名で登場し、天孫降臨の主役瓊瓊杵尊(ニニギ)が登場されます〉

youtu.be

散歩!ぶらぶら〜

豊田市市役所HPに、ウオーキングコースがあったのでご紹介しますね。

社寺と昔話の里めぐりコース](篠原・大畑・広幡・八草町エリア・椀貸し池)
距離:4.4キロメートル
起終点:永澤寺(篠原町)
問合せ:猿投支所(電話 0565-45-1214)
「保見 社寺と昔話の里めぐりコース(篠原・大畑・広幡・八草町エリア・椀貸し池)」パンフレット

ウオーキングを目的とされている方は、豊田市市役所HP《ウオーキング》駐車場の利用に関するお願い等なども記載されているので、詳しく知りたい方は御覧下さい。